紫煙を燻らせて

アイマス関連を中心に色々と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もうみんな見たよね? え?見てないの? これ見ないでPV好きですとかお話にならないよ?
 と、いうわけで、またすごい新人さんがでてきたなと驚くばかりです。
 神風Pを名乗る新人さんのこの作品はまさにニコマスに訪れた神風でしょう(たぶん同じ表現が方々で使われていると予想)


 なんていうか、これまでのニコマスにどっぷりつかってきた人間としては横から目を覚ませとぶんなぐられた感じですね。

・『常識』をブチ破る

 人にどんなふうに作るかってアドバイスをするときに、

 ・BPM+-20%を超えると気持ち悪くなるからその範囲のダンスを使おう。
 ・longとlongみたいに同一のカメラを切り替えると違和感でやすいから避ける。

 って話を多くのPがします。

 もはや常識に近いといっていい。

 だが神風Pはそんな幻想をぶち殺すといわんばかりにこれらの『タブー』をぶち破った。

 カメラの動かし方次第でlongからlongのつなぎも綺麗に見える。高速で回しても合わせ方次第では綺麗に見える。
 固定観念の中では生まれなかった妙技だ。


・ニコマスをよく見ている人の動画でもある。

 モニタにカメラを寄せてそのまま中に入ったかのように見せるだとか、モーションにあわせてカメラを動かすだとか、そんな演出の妙。
 本当にいろんな動画を見てきた人なんだなと感じました。
 アイデアってのはある程度サンプルを見ていないとわいてこないものです。
 たとえわいてきたとしてもここまで随所に効果的に演出を入れることは難しいでしょう。それができるひとはきっとこんなとこにいるんじゃなくてそれで飯を食っているはず。
 きっと神風Pはいろんな動画を見てきたのでしょう。
 カメラをぐりぐり動かしていながら酔わないように工夫しているのも先人の失敗例を見てきた結果なのだと思います。

・俺もお前もそこのお前も見習うべき

 シンクロは動画の命であります。
 エフェクトばりばりで煌びやかで一見見栄えはいいのに、シンクロが残念な動画が増えている昨今、このシンクロは心に響きます。
 長回しに見せかけて実は細かく丁寧にダンスを切っていて気持ちいい。
 カット割りしなくてもでてくる躍動感。
 妬ましいシンクロです。
 一つのお手本だと思います。
 見習わなきゃなぁ、俺も。

 長々と書いてしまいましたが、要はこの動画は新しい風だよってこと。
 抜きも派手なエフェクトもないけれどとてもエフェクティブなステージPVになってます。


 これを見てざわつかない人は目が腐ってるとまで言っていいかなと(おい 

スポンサーサイト
テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。